少年刑務所で行っていること

一般的な刑務所は刑罰を与える施設ですので、自分が犯した罪を償う刑事施設ともいえ、少年院は非行少年を社会に適合させるための矯正教育を受けさせ、更生させる施設と言う位置づけといえます。
そして、26歳未満の受刑者を収容する少年刑務所は、その刑務所と少年院の中間に値する施設となり、少年院よりも生活態様は遥かに厳しいですが、一般的な刑務所に比べると、まだ犯罪傾向が進んでいない若年受刑者に対する更生に重きを置き、更正を強く目的とした教育的処遇が行われています。
その特徴とは、生活ルールや人間関係などが一般の刑務所に比べ、非常に全般的に厳しくなっており、その理由としては、若年者は更生の可能性がより高いことから、更生させるための処遇を強化しているためです
服役中は、さまざまな職業訓練を受けることが可能となり、情報処理やボイラー技士など、出所後の就職に有利な知識や技術を身に着けることが可能です。
しかし、勉強は多人数部屋での収容となりますので難しいと言えるかもしれません。
それは、服役しているのが若い血気盛んな世代のため、上下関係が厳しく、弱いものはいじめの対象となるためおちついた生活は難しいことが理由となります。
社会に貢献できるようになるにはそういった苦しい環境にも負けない強い意志が必要といえるでしょう。

コメントは受け付けていません。